肩の痛み~腱板炎~

肩の痛み~腱板炎~

肩関節の痛みで有名なものは、

やはり五十肩になると思います。

しかし

その様な病名はありません。

正式には、【肩関節周囲炎】と呼ばれます。

肩関節周囲炎(五十肩)は急に起こるというよりは、

段階を踏んでその様に呼ばれるようになります。

腱板炎と上腕二頭筋長頭腱炎の2つから移行してくると言われています。

まずは、腱板炎です。

腱板(ローテーターカフ)は、

棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋と呼ばれる、

4つの筋肉からなります。

これら4つの筋肉は、全て肩甲骨から起こり、

上腕骨の大結節と呼ばれる部位に付きます。

主に外転(腕を身体から遠ざける動き)や

外旋(腕の位置は変えずに指先を外に向ける)

の運動時に使われます。

特に影響を受けやすいのは、

棘上筋になります。

理由は、

外転時に肩峰と大結節の隙間が狭くなって、

棘上筋の端が摩擦によって炎症が起こり痛みが出ます。

症状は、

肩関節のやや外側に熱感や腫れが見られ、

腕を上げる時に痛みが出ます。

痛みを放置しておくと、

肩関節周囲炎(五十肩)に移行する可能性がある疾患になります。