東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩1分の梅沢鍼灸院

ここ数年、ランニングなど身体を動かしている方をよく見かけます。

そんな、スポーツをされている方たちは、

どの様にして身体のケアをしていますか?

 

ケガの予防やリハビリ、コンディションの維持の為に、

マッサージやテーピングを利用されている方も多いと思います。

それも、正しいと思います。

 

現在、

 

スポーツの現場で活躍されている、

トレーナーは鍼灸の国家ライセンスを保有しているが多くいます。

 

ケガの予防やコンディション維持の為に、

鍼灸を取り入れられているスポーツ選手も多くいます。

有名なところでは、

オリンピック2大会連続2冠の北島康介選手や

フィギュアスケート金メダリストの羽生結弦選手などが有名です。

 

オリンピックのメダリストや野球、サッカーのプロ選手などの、

トップアスリートもケガの予防、リハビリや

コンディション維持などの為に取り入れている事を、

一般の方で、それを取り入れている方は少ないと思います。

 

一般的な場合

 

ケガをした時に、テーピングなどで処置をして、

スポーツをしている人を見かけますが、

果たしてそれでベストのパフォーマンスが出来るのでしょうか?

 

普段から、テーピングやサポーターをして練習をしている人は、

違和感なく出来るかもしれませんが、

大抵の人はそうではないと思います。

違和感を抱えた状態では、

良い結果は生まれないと思います。

 

国体やマラソン大会などでも、

鍼灸師などの人たちが治療ブースを出していたりします。

それを利用されている人たちもいると思いますが、

多くは、マッサージやテーピングで終わらせていると思います。。

 

しかし

 

スポーツをやられている方で、

トップアスリートのフォームや練習方法真似をされている方も多いと思います。

 

確かに、上達する上で真似をする事は、

非常に大切なことだと思います。

 

ならば

 

なぜ、身体のケアや食事管理などコンディショニングに関わってくる様な部分は真似をしないのか?

 

私には疑問です。

 

もちろん鍼灸が万能だとは思いません。

練習や試合の直前に行えば、パフォーマンスが落ちる事があるのも事実です。

 

しかし、

 

ケガやコンディションの不安を抱えたまま、試合に出てもベストなパフォーマンスなど出来るとは思えませんし、

何よりも楽しくないと思います。目標を達成するためにも、

良いコンディションで練習などに臨めると、

おのずと結果もついてくるのではないでしょうか?

スポーツ①

目黒・武蔵小山の鍼灸【口コミNo1】の梅沢鍼灸院 PAGETOP