東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩1分の梅沢鍼灸院

腱板炎と同じく、

肩関節周囲炎(五十肩)に移行しやすいものが、

長頭腱炎になります。

 

長頭腱は、

上腕二頭筋(長頭と短頭がある)と言われる、

力こぶを作る筋肉の長頭の腱になります。

 

この長頭腱は、大結節と小結節の間にある溝を通る為、

筋肉を動かすたびに、摩擦が起きる事で、

炎症が起こりやすくなってきます。

 

年齢は、

肩関節周囲炎(五十肩)に比べると少し若く、

20代と50代に多くみられます。

 

性別は、

男女ともにみられ、性別はあまり関係はないようです。

 

症状は、

二の腕の前面に痛みを訴える事が多く、

時々、痛みで眠れない事があります。

重い物を持ち上げる時など痛みを訴える事があります。

 

腱板炎と同じく、長頭腱炎も痛みなどを放置しておきますと、

肩関節周囲炎(五十肩)に移行する可能性がある疾患です。

目黒・武蔵小山の鍼灸【口コミNo1】の梅沢鍼灸院 PAGETOP