東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩1分の梅沢鍼灸院

日常生活やスポーツ活動中に、捻る・ぶつける等をする事も多いと思いますが、そん

な時の応急処置の方法です。

 

ケガ直後の応急処置

基本は、RICE処置が重要になってきます。

決して、お米を食べるとかではありません。

Rest【安静】

Ice【冷却】

Compression【圧迫】

Elevation【挙上】

応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。

RICE処置を損傷直後に適切に行う事で、

治癒を早め競技への復帰を早める事が出来ます。

 

 Rest【安静】・・・

活動を一旦停止しましょう。

ケガをした直後から、体内では痛めた患部の修復作業が始まります。

しかし・・・

患部を安静にせず、活動を続けていると、

その作業の開始が遅れてしまいます。

その遅れが結果的に治るのを遅らせ、

リハビリ期間を長引かせてしまいますので、

ケガをした直後は安静にする事が大切になります。

 

Ice【冷却】・・・

患部を冷やしましょう。

患部を、約48~72時間冷やす事で痛みを減少させる事ができ、

また血管を収縮される事によって腫れや炎症をコントロールします。

この期間が過ぎましたら、今度は適度に温めましょう。

こうする事で、血流が良くなり、治るのも早いと思います。

 

肩こり

肩こりに最適

少し休憩

鍼をしているところですが、左手の形が学校で教わったのとは違います。

本題に戻ります。

 

 

Compression【圧迫】・・・

患部を圧迫しましょう。

患部を包帯などで、適度な圧迫を加える事で腫れや炎症をコントロールします。

 

Elevation【挙上】・・・

患部を挙げましょう。

患部を心臓よりも高い位置に挙げる事により、

重力を利用し腫れや炎症をコントロールします。。

 

適切な処置をした上で、お近くの医療機関を受診するとよいと思います。

 

 

目黒・武蔵小山の鍼灸【口コミNo1】の梅沢鍼灸院 PAGETOP