東急目黒線・武蔵小山駅から徒歩1分の梅沢鍼灸院

皆さまの中にもよく寝違えてしまい、

首が回らなくなるといった方も少なくないと思います。

 

寒い今の時期は特に多いかと思います。

 

主な原因は、

枕があっていなかったり、

長い時間、同じ方向を向いていたりして、

頚周辺の筋肉が緊張して起こる事が、多いと思いますが・・・

 

最近では、寝違えによる痛みの原因は、

脇にあると言われています。

 

驚きですね。

 

寝違える度に首をマッサージしていたのは、

間違いだったのか?

 

決してそれも間違いではありません。

私たちも、治療箇所に頚も含まれています。

 

寝違えると首が痛くなるのは知っていると思います。

しかし、原因が脇にあるなんて思ってもいないですね。

 

寝違えの原因、腋窩(えきか)神経と呼ばれる

脇の下を通る、神経が圧迫されて起こるといまれています。

 

腋窩神経とは?

 

腋窩=脇の下になります。

という事は、脇の下を通る神経が腋窩神経になります

 

頚椎の5番と6番から出てくる神経になります。

 

腋窩神経の主な作用は?

三角筋と小円筋という筋肉を動かす神経になります。

肩に関与する筋肉になります。

 

 腋窩神経が圧迫される原因

 

脇を通っているので、横になって寝ている場合、

体と腕で脇の部分を圧迫するので、

神経障害が起きる可能性があります。

 

そうなると・・・

 

肩を動かす時に、

痛みや動かしづらさが出てきます。

 

ここだけを切り取ると、

頚には関係がないように見えます。

 

しかし・・・

 

肩を動かす時には、

肩甲骨が連動して動きます。

 

そして、

 

首を動かしても、肩の周辺にある筋肉も少なからず連動します。

 

その事から、

首を動かした時に痛みが原因と考えられます。

 

対処法は?

首もそうですが、肩周辺のストレッチも有効だと思います。

目黒・武蔵小山の鍼灸【口コミNo1】の梅沢鍼灸院 PAGETOP